TOP > 活動内容 > 研究会報告
研究部会、研究会報告
経営コミュニケーション研究会
● 2019年5月
2019年度は「研究事例・交流部会」として
活動を開始しましたので、実務家・研究者を追加募集します。
ご関心の方は以下をご覧になってご連絡ください。

★メンバー募集:経営企画、人事研修、広報、CSR及び
全社運動事務局などの実務経験をもつ実務家・コンサルタント
または同分野の研究者の方で、支障のない範囲で実務経験や
調査研究の紹介・討議に参加できる方を募集します。
現在まだ非会員の方も参加可能。

5月20日までに以下に連絡してください
清水正道(envcom@shimizu.nifty.jp)
または池田勝彦(ikeda@sofia-inc.com)

<研究趣旨>
国内外の優れたインターナル・コミュニケーション経営(IC経営)の
事例を取り上げて議論するほか、近未来の
Human Resource Management(人的資源管理)と
IC経営に関する諸課題について検討し、
優れた事例・施策は普及も行います。

IC経営の概念・事例に関しては今年2月に刊行した
『インターナル・コミュニケーション経営』
(経団連出版)をご参照ください。

★次回予定 【事例研究】株式会社マクロミル
発表者:同社コミュニケーションデザイン本部
ブランド・マネジメントU、大石 真史 様
日時:5月29日(水)18:30~21:00
場所:CMC会議室

■報告:
第1回「人材会社のビジネススキームとIC経営施策・手法」
【事例研究】
UTグループ株式会社
「人材派遣市場とUTグループの
インターナル・コミュニケーション概要

発表:同社社長室 PR・ERユニット担当部長・山田由理
/吉川 真由様、他2名
日時:4月22日(月)18:30~21:00
場所:CMC会議室
出席:清水、雨宮、北見、馬渕、田中、
西岡、井上、成瀬、池田

■報告:
第2回「日本の雇用と人事の歴史から見た
身分格差とIC経営課題、その他」
【研究視点】
日本の雇用・人事システムとIC経営への課題
発表:斎藤智文先生(淑徳大学経営学部)
【調査報告】
経営理念の浸透とIC経営に関わる調査内容
発表:北見幸一先生(東京都市大学)
日時:5月10日(金)18:30~21:00
場所:CMC会議室
出席:清水、雨宮、梶浦、鎌田、北見、
柴山、田中、馬渕、池田

(主査:清水 正道)
情報流通構造の事例研究会
● 2019年5月
4月23日情報流通構造の事例研究会議事録 田代 順

会場:株式会社マテリアル会議室
参加:太田、小山、安藤、瀬戸、田代
(1)昨年度の活動振り返り
(2)研究会活動費の内訳公開
(3)最近気になる話題
茨城のVTUBER「茨ひより」と
人気ゲームの実況中継をおこなうアプリ「ミラティブ」
ミラティブ参照ニュース:
「アバターとゲーム実況の融合に強い手応えを感じている。
今回の資金調達は国内において
圧倒的なポジションを確立するとともに、
グローバル展開に向けた礎を作っていくためのものだ」
スマホ画面共有型のライブ配信
プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」を
手がけるミラティブの代表取締役の赤川隼一氏のコメント。
(4)議論メディアの定義、語源、ヒトの記憶について
プラトンの書物批判論など情報が伝わり
人の記憶に残る原理を検証
「メディア革命とヒトの記憶について」などなど
活発な議論ができました。

次回は5月29日水曜日
株式会社マテリアル会議室
(港区赤坂 アークヒルズ35階)
連絡先は主査:田代順 080-9814-3480

(主査:田代 順)